学校日誌

新規日誌1 >> 記事詳細

2021/11/25

職員研修②

| by 管理者
11月24日(水)、校内研修で研修主任が道徳科の模擬授業を行いました。

取り上げた道徳資料は「雨のバスていりゅう所で」、指導項目は「規則の尊重」です。
最初に、きまりと自分の生活のかかわりについて問いました。
自分が児童ならどう考えるか予想しながら発表します。


発表をもとに、授業のめあてを導きました。
きまりを守るひつようが なぜあるのだろう。

ここで「雨のバスていりゅう所で」の資料を読みます。
雨の中バスを待つ母と「よし子」、バスが到着して列の最前線に走って行ってしまった「よし子」を強い力で連れ戻した母、二人がバスに乗った時には座れる席はありませんでした。

よし子と母、そしてまわりの人たちの気持ちを考えました。
隣の人と考えを伝え合います。


自分の思いを学級全員で伝え合います。



みんなが笑顔になるためにはどうすればよいか考えることで、きまりを守る大切さを導きました。

授業を終え、学年団ごとに振り返りをしました。




職員全員が道徳科の授業について深く学ぶことができました。
緊張の中、勇気をもって模擬授業を行った研修主任に、職員から大きな拍手が起こりました。
09:34

閲覧数

令和3年4月から168480
閲覧いただき、ありがとうございます。